NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
インターネットバンキングに係る不正送金への対策について

 インターネットバンキングのID・パスワード等を盗み取るウイルスを使用する手口により、

インターネットバンキングに不正アクセスし、口座から不正に送金する事案が多発しています。

下記の被害防止対策を実施して下さい。

 

○被害防止対策
・ウイルス対策ソフトを導入する。
 不正送金が行われた口座の正規利用者のパソコンからはID・パスワード等を盗み取るウイルスが検出されています。
・パソコンのOSや各ソフトウェアを最新の状態にする。
 ウイルスは各ソフトのぜい弱な部分を狙って侵入します。
・ワンタイムパスワードを利用する。
 携帯電話のメールアドレスやトークン(ワンタイムパスワード生成器)を使ったワンタイムパスワードの利用が効果的です。
 ワンタイムパスワードはフリーメール等ではなく、携帯電話のメールアドレスを登録し、受信すると効果的です。
・不審な入力画面等を発見した場合は金融機関等に通報する。
 ログインした際に、不審な入力画面などが表示された場合は、ID・パスワード等を入力せずに金融機関等に通報して下さい。

愛媛県警サイバー犯罪対策室HPはこちら(http://www.police.pref.ehime.jp/cyber/

ページトップへ
Copyright (c) heart@network Co., Ltd. 2012 . All Rights Reserved.